Wrap はカリフォルニアやニューヨークあたりのデリではたいへんよ〜く見かけます。
ランチや軽い軽食の定番!なんです。
もともとはメキシカンのブリトーをカリフォルニアでアレンジしたものが Wrap で、中に巻くものも、チキンや野菜、ご飯とかクスクス、フルーツもあるし、それにサワークリームやチーズを入れたりとか、とにかく多様。1巻きでたくさんの食材を取れるのでWrapにはヘルシーなイメージもありますね。ですので、ベジタリアンデリではベジのみのWrapもあるんですよ。
今回は定番のチキンの胸肉のラップにチャイニーズテイストのソースをつけてみました。

ただ、本場と一つ違うのは大きさ!
むこうのWrapは直径40センチくらいのトルティーヤを使用しているのでとにかく巨大!日本の”具だくさん太巻き”をもう一回り大きくした感じなんですよ〜。日本で手に入りやすいトルティーヤは直径20センチくらいなので前菜とかにはいいかもしれませんね。
(ラップの作り方)

1、皮を取った鶏肉と塩をを沸騰した湯にいれ、火を止めふたをして中まで火を通す。火が通ったら水気を切り1センチくらいの角切りに。

2、トマトは湯むきをして角切り、たまねぎはスライスをして塩コショウ(分量外)でしんなりするまで炒める。レタスは少し太めに千切りにし水気を切る。

3、ソースを作る。
ピーナッツバターとしょうゆ、酢、ごま油、すりゴマを混ぜ合わせる。

4、トルティーヤは薄く油を敷いた(分量外)フライパンでうっすら焦げ目が付くくらいに温める。

5、4のトルティーヤの真ん中に1と2を置きハルマキを巻くように巻き、3のソースをつけて頂く。
ラップ!ラップ!ラップ!
材料 4本分

・トルティーヤ 4枚 
・とり胸肉 1枚 皮は取る
・塩少々
・トマト 1個 湯むきして角切り
・たまねぎ 半分 スライス
・レタス 2枚 千切り
・ピーナッツバター 大2
・しょうゆ 大1
・酢 大1
・ごま油 大1/2
・すりゴマ 適量
今回使用したトルティーヤはその名も"Wrap'n Roll"="ラップンロール"というユニークな商品名で出ていました。トマト味とかカレー味もありましたが、これはホウレンソウ味。色もなかなかきれいでしょ?
ピーナッツバターはやっぱり"SKIPPY"!で。
パンにぬるのみならず、中華に結構つかえるんです!
/ / /